【アレッポの石鹸】効果や使い方、口コミからその魅力をご紹介!

アレッポの石鹸の「アレッポ」とは、シリアの古代の都市のことです。

シリアに石鹸というイメージは、あまりないように感じますが、実は、アレッポの石鹸は、6.7世紀ごろから作られており、現在でもシリアのアレッポ市では、数多くの石鹸工場があります。

その中でも、「品質・素材・伝統」どれをとっても、歴然の違いを見せるアレッポの石鹸!

イスラーム誕生より以前から、衛生を守るために石鹸は使われています。

中世の深刻な社会問題は、衛生という問題を抱え、排泄物・ゴミの処理などのため、病原菌が蔓延していました。

アレッポの石鹸は、衛生という問題ともに向き合い、歴時に名を残し、現在までその高い品質を保ち、世界で評判を得ています!

そんな歴史と伝統を感じながらも、現在も人気のアレッポの石鹸について、その効果、使い方、口コミについてご紹介します。

アレッポの石鹸とは?伝統を受け継いだ完全無添加石鹸の魅力!

アレッポの石鹸は、色々特徴がありますが、先ず見た目から大きいです。

独特の黄色っぽい茶色、カーキに近いような色をしていますが、使うほどにその色は緑色に変わっていきます!

それは、アレッポの石鹸の原料を表しています。

アレッポの石鹸の原材料は?

・オリーブオイル
・ローリエ(月桂樹)オイル

アレッポの石鹸を代表する原材料は、この2つです!

完全無添加石鹸で、万能石鹸のアレッポの石鹸は、

・体全身(洗顔(クレンジング)・ボディー・シャンプー・歯磨き・ひげ剃り)
・食器洗剤
・衣類洗剤

何でも出来ちゃいます。

口に入れることも可能なので!

・防腐剤
・酸化防止剤
・金属封鎖剤
・発泡剤
・凝固剤
・着色料
・人工香料

一切の化学添加物を使っていない、完全無添加石鹸です!

アレッポの石鹸の種類とそれぞれの特徴!

アレッポの石鹸には、3種類あります。

それぞれに特徴があるので、それぞれの違いをご紹介します。

アレッポの石鹸【エキストラタイプ】:

オリーブオイル「60」:ローレルオイル「40」

洗い上がりが、サッパリとしているのが特徴的なエキストラ。

また、香りの面でもローレルのウッディーな香りを楽しむことができます。

シャンプーとして使った場合、「フケ・痒み」を抑える期待ができるだけでなく、ローレルの香りが、頭皮の嫌な香りを抑える効果が期待できます。

通常価格:900円(税抜)1個約170gほど

アレッポの石鹸【ノーマルタイプ】:

オリーブオイル「90」:ローレルオイル「10」

アレッポの石鹸のノーマルタイプは、オリーブオイルをメインに使用しています。

そのため、肌のうるおいをキープしながら汚れを落とし、仕上がりをしっとり・もっちりななめらかな肌に期待できる魅力的な石鹸です。

通常価格:630円(税抜)1個約190gほど

アレッポの石鹸【ライト】:

オリーブオイル「98」:ローレルオイル「2」

ライトタイプは、ほぼオリーブオイルから作られており、アレッポの石鹸の中で最もしっとりして、うるおうタイプの石鹸です。

3種類の中で、石鹸本体が溶けにくいため、無添加の手作り石鹸を初めて使われる方に、取り扱いやすいタイプです。

通常価格:500円(税抜)1個約170gほど

各種類の大きさは、手作りの石鹸のため個体差があります。

アレッポの石鹸を使ってみた感想!

ちなみに、39歳:乾燥肌、女性(私の)場合。

洗顔、全身、シャンプーでアレッポの石鹸を使いました!

乾燥肌でフケが出やすく、乾燥がヒドイとお風呂上がりケアをしないと粉を吹きます。

また、元々少し敏感なので、洗顔は石鹸が多かったので、評判のアレッポの石鹸を使ってみました。

大きさ!:

確かに、最初はあまりの大きさにどう使ってよいのか?

正直わかりませんでした!

切るという発想もありませんでした。

私の場合、とりあえず勢いで、このまま使ってしまいました。

泡立ち:

最初は、体を洗うのに使いましたが、全く泡立たず、ひたすら、手で泡立つように何度もこね繰り返しました!

体用のスポンジに直接、使えば良かったのですが、全然泡立たないのでムキになりました。

泡立てネットを使えば、すぐに泡立ちます。

香り:

香りは、好みが分かれるかもしれません。

アレッポの石鹸の香りは、オイルのような香りです。

あまり良いとは言えません。

最初は、驚きましたが、私は慣れました。

洗顔:

泡立てネットを使い、泡立たせて使っていました。

先に書いたように、アレッポの石鹸は、そのままでは泡立ちがよくありません。

そして、洗顔では、少し目に染みやすいかもしれません。

ですが、他の石鹸を使ったら起きる、ピリピリは全くありません。

体:

特に問題なく、普通に使用しました。

体用として使っても、思ったより、全くアレッポの石鹸の減りは変わりません。

髪:

最初は、泡立ちが悪かったです。

口コミでも、見られましたが、髪が傷んでいると泡立ちが悪いそうです。

コレは、徐々に改善されました。

また、フケも気にならなくなりました。

お風呂上がり:

冬場でも、肌のカサつきや痒みが気にならなくなりました。

石鹸だけで、これだけ潤うのは驚きです。

また、石鹸を使うと気になる、突っ張りもありませんでした。

保存に注意:

そのまま、風呂場にアレッポの石鹸を置いておくと溶けます。

ドロドロになり、「ネバー」となります。

最初は、これで失敗しました。

水はけが良いところ、もしくは、乾燥させて別のところに移してください。

ご使用の参考にしてください!

アレッポの石鹸の使い方に驚き!1個でココまでできる!?

アレッポの石鹸について、使い方をご紹介します!

ココまででもかなり、印象的なアレッポの石鹸でしたが、使い方についても特徴的です。

アレッポの石鹸は、コレ一つで、日常のあらゆる洗浄が可能です!

・洗顔
・クレンジング
・ボディーシャンプー
・メイク落とし
・洗髪(シャンプー)
・ひげ剃り
・シャツの襟元の汚れ落とし
・台所石鹸(食器洗い)
・歯磨き
・防虫剤の代用

(ご使用は、自己責任で!)

こんなにも、色々用途があるのも、最初に書いたように、衛生問題をくぐり抜けてきて、今もなお人気の石鹸であるからです。

普通の石鹸として使う場合

普通の石鹸として使う場合、アレッポの石鹸も同じようにご使用いただいても良いのですが、泡立ちは、そんなに良くないと思います。

やはり、適度の泡が欲しいという方の場合、泡立てネットをご使用いただくと、簡単に泡立ちます。

使用用途

先述のように、使用用途は選ばないと言ってよいほど、洗剤・石鹸・シャンプーなど多岐に渡ります!

完全無添加の石鹸なので、敏感肌。乾燥肌、アトピーの方には特にオススメです。

また、赤ちゃんのデリケートな肌に、体全体に、シャンプーも可能です!

身体のフケや痒み、体臭の問題の場合は、「エクストラ」がオススメです。

手荒れが気になる方は、食器洗いにも使えますが、衣類の場合は、色落ちはチェックする必要がありそうです。

使い方の注意点!

アレッポの石鹸の弱点に、溶けやすい点があります。

濡れたところに置いておくと、「ドロドロ」になってしまいます!

水はけの良い場所に置くか、ご使用後は乾燥させておきましょう。

アレッポの石鹸は大きい

アレッポの石鹸の問題の一つになる場合があるのが、大きさについてです!

一般的な石鹸よりも大きい、アレッポの石鹸。

最初は、そのサイズに戸惑うのではないでしょうか?

本来は、そのまま使ったほうが良いです!

ですが、どうしても使いにくい方、特に女性は、大きすぎるでしょう。

切り方としては?

・包丁で半分に切る
・電子レンジで20秒ほど温めて、包丁を水で濡らしてから切る

っと言う方法があります!

アレッポの石鹸の口コミでの評判とその効果とは?

アレッポの石鹸を実際に、使用された方の口コミをご紹介します!

色々と特徴的なアレッポの石鹸ですが!

・完全無添加・オーガニック・オリーブオイルなど

身体に優しく、長く伝統のある石鹸なので、使用されてない方は気になるのではないかと思います!

そんなアレッポの石鹸について、実際の評判とその効果について、口コミを調べました。

悪い口コミ

48歳:普通肌

すすめられたようで、主人がアレッポの石鹸を買ってきたので使っています。

使用感は良いようですが、ニオイが独特で私も、主人もどちらも苦手です。

表面の茶色から剥げて、緑色になりました。

本来のオリーブオイル、ローレルオイルの色ってこんな感じなのでしょうね。

32歳:敏感肌

アレッポの石鹸は、とても良い石鹸だと思いますが、実際の仕様に関してや好みは、分かれるのではないかと思います。

モコモコの泡は作れにくく、泡は目に入りやすく、入ると痛みがなかなか取れません。

洗い上がりは、しっとりの仕上がりなので、サッパリ派の方には、汚れ落ちが気になるのではないかと思います。

26歳:アトピー

アレッポの石鹸は、独特の油臭さのある石鹸です。

自然派の石鹸は、大体こんな感じのでしょうか?

使用感は普通で、特にトラブルもありませんでした。

悪くは、ないです。

良い口コミ

27歳:混合肌

私は、シャンプーにアレッポの石鹸を使っています。

髪の毛が痛みが、少しずつ改善されました。

痛みすぎていると、石鹸と髪がなじまなくて泡がたたないそうですが、私も最初はそうでした。

最近、やっとたつようになり、美容室の高級シャンプーと同じ効果があるようです。

44歳:乾燥肌

10年位のまだ、アレッポの石鹸が珍しい頃から使っています。

洗顔用にリピートを続けながら、自然と髪にも使うようになりました。

合成のリンスインシャンプーなどとは異なり、髪が自然とまとまります。

31歳:アトピー

最初は、アレッポの石鹸が大きくて、切ることを知らずに、使いにくい石鹸だと思っていました(笑)

でも、やはりあの他の石鹸にはない、しっとり仕上げは、とても潤って良い石鹸です。

石鹸であのしっとり仕上げは、初めての感覚でした。

(口コミはあくまで個人の感想、効果を保証するものではありません。)

※著作権の関係上、意味内容は変えず一部表現を変えて掲載しています。

ニキビにも効果あり?実は、これがオススメ!

アレッポの石鹸は、完全無添加・肌に優しいなどの印象で、使用される方もいらっしゃるでしょう。

勿論、印象通りで、デリケートな肌の方には、向いている石鹸と言えます!

ただし、肌質と肌の改善、特にニキビに対しての場合、注意が必要となります。

ニキビへに使うには、どのタイプが良い?

アレッポの石鹸に使用されているオリーブは、オレイン酸を多く含んでいます。

そのため、オリーブオイルの比率が高いほどに、高保湿なので、肌質としては、乾燥肌の方向けです。

先述のように、アレッポの石鹸は、3種類あります!

・エキストラタイプ
・ノーマルタイプ
・ライト

そして、それぞれに、オリーブオイルとローレルオイルの比率が異なり、しっとりタイプとサッパリタイプになります。

【エキストラタイプ】
オリーブオイル「60」:ローレルオイル「40」

【ノーマルタイプ】
オリーブオイル「90」:ローレルオイル「10」

【ライト】
オリーブオイル「98」:ローレルオイル「2」

このように、オリーブオイルの比率が最も高い【ライト】は、高保湿なしっとりタイプとなります。

そして、オリーブオイルの比率が最も低い【エクストラ】は、低保湿のサッパリタイプとなります。

これらのことから、ニキビに使用するのに最も適したアレッポの石鹸は?

→【エクストラ】です!

あくまで、アレッポの石鹸の種類から、一般論で導き出した答えです。

アレッポの石鹸のご使用の参考にされてください!

コメントの入力は終了しました。