化粧下地の塗り方をマスター!もう崩れるのは怖くない【手で塗る】

化粧下地は、しっかり使えていますか?

自己流の塗り方をしている方も、いらっしゃるようですし、一方で、化粧下地を使っていない方もいらっしゃいます。

・ファンデーションと変わらない
・メイクがムラになりしにくい
・ベタつく
・化粧が厚くなる
・塗りすぎは肌に悪い

全然、そんなことはないんです!

化粧下地の正しい塗り方をマスターすれば?

・お化粧崩れを防ぐ
・肌を整える
・メイクの仕上がりアップ

「メイクが崩れやすい」「あまり重要していない」、「もう一度確認したい!」っという方も、化粧下地の正しい塗り方、役割や効果など、化粧下地について見直してみませんか?

今回は、スポンジは使わなくはないですが、基本的は手を基本とした、化粧下地の塗り方をご紹介します!

化粧下地には、どんな役割と効果があるの?どうして大事?

最近のファンデーションには?

・スキンケア効果
・肌補正効果

これらの効果が高いファンデーションが、増えているので、確かに、化粧下地が不要な場合もあります。

それでも、やはり、「ワンステップ!」化粧下地を加えることで!

→ 肌の悩みをカバーし、なめらか肌に仕上げる

そんな、化粧下地の主な役割や効果としては?

・肌の表面の毛穴、キメを目立たせない
・肌の凹凸をなめらかに
・紫外線、外気、乾燥などから素肌を守る
・ファンデーションの添加物が毛穴に溜まらにようにする
・よりナチュラルな肌に見える
・メイク落としを落としやすくして、肌を守る
・ファンデーションの持ちを良くする
・ファンデーションの量を抑える
(使用していないときと比べて!)

そのため、肌の悩みに合わせ「皮脂コントロール・肌色補正」の効果があるものを選んで使うよりも!

→ 化粧下地の方が、理想の肌に近づける

塗るときの適した量は?どのくらい付けるのが正解?

そんな化粧下地は、手にとることが基本となりますが、どれくらい付ければ良いのでしょうか?

化粧下地は、「小豆粒大」くらいの量を手に出すのが基本です!

使用量の目安に、パール粒大と書かれていることが多いですが、顔全体に化粧下地を塗るわけではないため、少し少なくした方が良いです。

タイプ別の使用量は?

化粧下地にも、いくつかタイプが分かれます。

そのタイプ別の使用量をご紹介します!

・クリームタイプの場合
パール粒大よりも少し減らす

・液体タイプの場合
1円効果大よりも少し減らす

・ジェルタイプの場合
チューブタイプは、さくらんぼ粒より少し減らす
ポンプ式は、2プッシュより少し減らす

基本的に、少なめにとり、微調整がするのが良さそうです!

化粧下地を使う正しい順番とは?

化粧下地を使うのに、正しい順番とはどうなっているのでしょうか?

先ずは、洗顔をして、化粧水で整えましょう!

そして、乳液・美容液を使って保湿してください。

洗顔 → 化粧水 → 乳液・美容液 (スキンケア)

ココからが大事なのですが!

日焼け止めを使う場合は?

・先につまり、化粧下地の前に日焼け止めを使ってください

日焼け止めを使わない場合は?

・保湿したら、化粧下地を肌になじませてください

そしたら、ファンデーションを塗ってください!

スキンケア→日焼け止め→化粧下地→ファンデーション

この後の順番で、コンシーラーなどをを使う場合は?

リキッドファンデーションを使う場合:

化粧下地→コントロールカラー→ファンデーション→コンシーラー→フェイスパウダー

パウダーファンデーションを使う場合:

化粧下地→コントロールカラーコンシーラー→パウダーファンデーション

液状のものから塗って、最後は粉状で重ねます!

塗るときに大事なのは?

・保湿の後
・化粧下地を塗った後

直後に、塗り重ねををしてしまうと「べちゃっ!」っとなって、馴染みにくくなってしまします。

そのため、必ず、前の工程までに、肌にきちんと馴染んでいることを確認する!

それを確認してから、塗ることが失敗しないコツです。

化粧下地の塗り方!基本の指で塗る!プロが使う秘密のポイントとは?

プロが大事にするポイントとは?

→ 顔全体に塗らない!

それは、「のっぺり」してしまうから。

塗るときには、顔の高くなる部分に塗る感じです!

どうして?

この部分に、化粧下地を塗ることでハイライト効果が期待できます!

→ 顔に立体感が生まれます

また、毛穴のカバーにお使いになられる場合は?

毛穴が気になる箇所など、ピンポイントに使うだけでも効果的です!

化粧下地の塗り方:

1.小豆粒大の化粧下地を手に取り出してください
2.「1.」の化粧下地を手のひらで広げ、なじませます
3.中指で化粧下地を取り、両頬になじませます
4.余ったものは、鼻・あごに少量塗りましょう
5.両頬は、中指と薬指の広い部分を使い、内側から外側に向かい何回かで塗り広げます

基本的に塗り過ぎない方法です。

顔全体に塗らないこの塗り方の場合、目の周りなどには塗りません。

必要最低限、化粧下地を塗っているので、塗り過ぎを防ぎます。

今回は、手を使って化粧下地を塗る方法を、ご紹介していますので、スポンジを使っては塗りません。

ですが、化粧直しに使う場合便利だったりします!

「→ 化粧下地の塗り方でスポンジを使う方法は?」

スポンジを使って、化粧下地をムラなく均等に!

今回の化粧下地の塗り方は、手だけを使った方法です!

ですが、手で塗る方法でも全く問題ないのですが、指で塗る方法にプラスして、スポンジを上手に合わせることで、化粧崩れを防ぐことができます。

(ただし、今回の方法よりも、一般的な方法で化粧下地を塗る方法の場合が効果的です。

今回の化粧下地の方法を、行う場合は行わなくても大丈夫です。)

スポンジを使うタイミングは?

化粧下地を肌の全体に馴染めせたら、その後にスポンジを使います!

・下地が溜まることが多い小鼻の脇
・なじませにくい髪の生え際

このあたりを、ポンポンとおさえます。

スポンジをおさえる理由は?

おさえることで、化粧下地が肌にしっかり密着します。

また、細かなムラ、脂浮きを防げるので、キレイに仕上げることができます。

・次のベースメイクでスポンジを使う場合!

この場合、新しいスポンジを使ってください。

また、スポンジを使った後は、洗い、清潔な状態を保ちましょう!

面倒な方の場合は?

・使い捨てか
・お風呂で洗い夜干し

してみてはいかがでしょうか?

化粧下地の選び方と選ぶポイント!

化粧下地を選ぶ場合、最も大事な選ぶポイントとしては?

→ 自分の肌質に合わせること

優秀な化粧下地であっても、肌質そして、目的に合っていない場合は?

・お化粧が崩れやすくなる
・ファンデーションの密着が弱まる

役割や、効果として多くの嬉しい期待ができる化粧下地。

・肌の悩みカバー
・質感の演出

勿論、どれも大事な効果なのですが、化粧下地の本来の役割としては?

→ 肌の表面をなめらかに整える!

先ずは、化粧下地の本来の効果を優先しましょう。

そして、目的により部分的には、「コントロールカラー・コンシーラー」をお使いください。