化粧下地の塗り方はスポンジ使いが必須!知らないのは損!マル秘技!

「いつもメイクが崩れてしまう!」とお悩みの方には、化粧下地の塗り方を見直す必要があるかもしれません。

以前の記事では、手だけを使った化粧下地の塗り方をご紹介しました!

「→ 化粧下地の塗り方で手だけを使って塗る方法」

今回は、スポンジを使った、化粧下地の塗り方をご紹介します。

正しい塗り方を知り、意識すると?

・ファンデーション
・ポイントメイク

を密着させて、崩れにくいキレイな状態を、保つことができます!

メイクが崩れない!化粧下地のスポンジを使った塗り方と、スポンジを使った直しなど、スポンジについての方法を中心にご紹介します。

化粧下地の適量を知る!多くても、少なくてもダメ!?

お化粧崩れをするのを防いで、キレイに塗られたお化粧の状態を保つためは?

化粧下地を適量、使うことが重要です!

適量を使わないと、どうなってしまうのか?

・化粧下地の量が少ない場合

→ムラになりやすい

・化粧下地の量が多い場合

→油分が増えるので、化粧崩れの原因となる

それでは、適切な化粧下地の量とは?

実は、メーカーによって異なる場合があります!

基本的な量は、「パール粒大」です。

スポンジを使った方法で、化粧下地の塗り方の場合は?

パール粒大の量が適量となります!

スポンジと手では量が違う?

化粧下地をスポンジで、塗る場合は、塗り方のところで解説しますが、最後にムラなどをスポンジで調整することができます!

コレが、手だけの塗り方で、化粧下地を塗る場合は?

パール粒大より少ないほうが良いです!

「→ 化粧下地の塗り方で手だけを使って塗る方法」

つまり、スポンジを使った化粧下地の塗り方を行う場合は?

・細かいムラ
・過剰な油分

これらについては、最後にカバーできるので、神経質になり過ぎなくても大丈夫です!

そして、少ない場合は、少し足せば良いだけです。

ただ、適量を塗るということが、大切なのは覚えておいてください!

化粧下地のスポンジを使った塗り方!正しい崩れない手順と方法!

化粧下地の適量をおさえたら、次に重要なのは、化粧下地の順番です!

特に今回は、手順の流れの中で、ファンデーションとの関係は、最も重要になります!

・化粧下地をムラなく塗れば?

→ファンデーションが長持ちし、化粧崩れを防げる

つい、ななんとなく化粧下地を塗ってしまうと、フェイスラインにつき過ぎてしまって、顔と首の色が別れてしまいます!

化粧下地の塗り方を覚えて、ムラのない付け方を実践しましょう。

化粧下地を塗るときの順番とは?

化粧下地を塗るときに、化粧下地を基準にした場合、重要な順番としては?

・日焼け止めの後
・ファンデーションの前

使うお化粧品と使い方で、順番が変わりますが、液状のお化粧品を塗ってから、粉状のお化粧品を塗るということも覚えておいてください!

そして、化粧下地を塗る前のスキンケアも大事です。

化粧下地を塗る前から、肌の「うるおい不足・油分が多い」状態だと、化粧下地が馴染んでくれません。

スキンケアでは、保湿ケアをきちんと行って、うるおいを肌に与えてから、日焼け止めを適量つけて、化粧下地を塗るようにしてください!

*肌の表面は、ベタついておらず、もっちりした状態が理想的な状態です。

化粧下地をスポンジを使った塗り方とその手順とは?

化粧下地をスポンジを使った塗り方と、その手順についてご紹介します!

使用するのは?

・化粧下地
・スポンジ

化粧下地の塗り方と手順

1.手の甲に、パール粒大ほどの化粧下地を出してください

2.顔の5点に化粧下地をのせてください

・ひたい
・両目の下
・アゴ先
・鼻筋

*首筋とアゴには、少量塗るようにします

3.中指と薬指、2本の第二関節ぐらいまで化粧下地をつけてください

4.肌に密着をさせながら、顔の中心部のあたりから、外側に向かい均一に伸ばしてください

5.アゴの下に伸ばしてください

*先に向かい伸ばす場合は、首となじむことを意識してください

6.ひたいの中央から、生え際に向かって伸ばしてください

*生え際になじませるときは、丁寧になじませてください

7.鼻筋と小鼻は、上から下に向かって伸ばしてください

*細かな箇所にも、丁寧になじませることで、よれにくいです

8.指に残った化粧下地は、まぶた・目の際に塗ってください

*まぶた、目の際は、よく動く箇所なので、軽く塗るようにするのがポイントです

9.スポンジを使って押さえながら、全体をなじませてください

*押さえると密着度が上がって、「細かなムラ・過剰な油分の浮き」を押さえれます

10.スポンジの角で、細かな箇所を丁寧に押さえてください

*髪の生え際、小鼻周りは、特に油分が浮きやすい箇所なので、スポンジを使って、液溜まりをならしてください

仕上げるポイント:

・力を入れずに、なでるような感じに塗ってください

・「目の周り、口の周り」などのよく動く部分には、薄めに伸ばすようにしてください

・過剰な油分は、スポンジでしっかりとおさえてください

化粧直しもスポンジで簡単!崩れても慌てないキレイな塗り直し方!

化粧下地の塗り方で、多い質問には?

化粧下地を使った、お化粧直しの仕方の質問が多いです!

お化粧直しには、スポンジを使うことで、上手に直すことができます。

崩れてきたお化粧を、化粧下地を使ってしっかりと直す方法をご紹介します。

使うのは?

・化粧下地
・ファンデーション

化粧下地を塗ってから、お化粧直しをすることで、ファンデーションをキレイに塗れます。

お化粧直しの仕方

1.顔の全体を優しくおさえながら、スポンジでヨレを整えてください

2.少量の化粧下地をスポンジに出してください

3.「2.」の取り出したスポンジを使って、崩れやすい部分をふき取ってください

4.ふき取ったところに、新しくファンデーションを塗ってください

基本的には、いつもご使用になられている化粧下地で問題ありません。

夕方のくすみがちな肌の場合は?

・ピンク系

色を明るく見せてくれる

・ラベンダー系

透明感を与えてくれる

お化粧直しのポイントして、参考にされてください!

スポンジで塗るためのメリットとは?

化粧下地を塗るときには?

・手で塗る
・スポンジで塗る

どちらが良いのか、悩んでいる方も少なくないようです!

スポンジで化粧下地を塗ることのメリットをご紹介します。

化粧下地をスポンジで塗ることの最大のメリットは?

・早く
・キレイ

この2つです!

この2つを踏まえて、メリットをご紹介します!

早く塗ることができる

朝の忙しい時間は、少しでも時間が惜しく、お化粧も手早く済ませたくなります。

それでも、特に、化粧下地を省かずに、きちんとスキンケアは行いたいです。

このときに、スポンジの場合は?

・広範囲に一気に塗れる
・化粧下地が肌に密着しやすい

だから、早く仕上げることができます

キレイに塗ることができる

化粧下地の塗り方には?

塗るときは、指を使い、仕上げだけにスポンジを使う!

このような方もいらっしゃいます。

勿論、こういう方法も良いのですが、スポンジを使って塗ることで、化粧下地がムラなくキレイに塗ることができます!

・コントロールカラー
・ファンデーション

など、メイクアップのお化粧品を均一に塗ることができ、発色も美しく見えます。

キレイがキープできる

スポンジを使うことで、化粧下地の余分なティッシュオフの手間が省けます!

化粧下地が密着して、肌へ押し込む感じでスポンジを動かしてください。

すると、スポンジが油分を吸収して、化粧崩れがしにくくなるんです。

手を汚さない

スポンジを使うことで、単純に手が汚れません!

コンタクトの位置を急に、直さないといけなくなるなど、急な作業のときにメリットが生まれます。

スポンジで塗ることデメリットとは?

スポンジを使って、化粧下地を塗ることは、メリットだけではありません。

デメリットについても知っておいてください。

汚れがつく(付きやすい)

化粧下地として使った後など、使用後のスポンジに残った化粧下地は、劣化し、成分も劣化して汚れに変わります。

このままスポンジを使うことで、肌に汚れが付いて、くすみの原因となります。

また、雑菌の繁殖で、肌トラブルの原因になります。

対策としては?

・夏は、2,3日に一度
・冬は、週に一度

定期的な洗浄と交換を行いましょう。

かさばるとまたコレが、手間となり、デメリットとなってしまいます。

溜めずに行うことが大事です!

そして、化粧下地を美しく塗って、肌トラブルを起こさないためにも、しっかり清潔にしましょう。

肌への負担

残ってしまった化粧下地や、擦ることでのスポンジ自体が、刺激になってしまいます。

特に、敏感肌の方の場合、注意する必要があります。

正しい塗り方を覚えることが大事です!

ムラをなくし、力を入れずに伸ばして、肌に負担をかけないようにしましょう。

慣れや技術がいる

柔らかいスポンジですが、流石に指ほどは細かく、繊細に動かすことはできません。

初心者や、お化粧慣れしない方には、細かな部分をキレイに塗るのは難しいです。

そのためにも、やはり正しい塗り方を覚える必要があります!

塗りながら肌の状態を確かめるのは、難しく、スポンジの感触なども、慣れないと分からないこともあるのではないでしょうか?

指と比べると化粧下地が、早くなくなるというデメリットもあります。

化粧下地がキレイに塗れるスポンジとは?

お化粧なれしない方、また指で塗ることが多い方など、普段はスポンジを使わないという方には?

キレイに化粧下地を塗るスポンジの選び方が、分からないという方も少なくないでしょう!

慣れない方こそ、このときのスポンジ選びが重要になります!

以下を参考にして、スポンジを選んでください。

化粧下地が塗りやすいこと!

・肌にできるだけ負担をかけない
・キレイに仕上げられキメの細かい

このようなスポンジを選んでください!

また、スポンジの厚みは1cmくらいの厚みがあることで、塗るときに、余分な力が入らずに塗ることができます。

他にも、三角形のような形のものだと、細かな部分もある形の場合、小鼻や際などにも塗りやすくて便利です。

清潔に保てる

・洗いやすい
・乾きやすい

工夫も必要ですが、上記のようなスポンジにすることで、何度も洗うことの面倒が、多少なくなります。

そして、価格面でも、汚れなどが気になったらすぐに、交換できるぐらいの価格のスポンジを常時使うようにしておくのも、大事なポイントとなります!