【マツ育の方法】美容液を使ったまつ毛の育て方!

まつ毛の長い女性は、同性から見てもとても魅力的で、憧れている方も多いのではないでしょうか?

魅力的な目元を与える方法は、多くあります。

・マツエク
・つけまつげ
・マスカラ
・ビューラー

ですが、これらが増えるだけ、「マツ育」という言葉も多く耳にするようになりました。

そんなオススメのマツ育の方法の一つに、まつ毛美容液を使ったマツ育の方法があります。

まつ毛のマツ育としてのケアアイテムとして、とても増えたまつ毛美容液ですが!

そのメリットや効果や、特徴については、数も増えた割にあまりよくご存知ない方も多いのではないでしょうか?

マツ育の方法としてのまつ毛美容液のメリットや効果、特徴、種類と、種類別の使い方など、美容液を使わなくても行えるマツ育の方法まで、まつ毛美容液を使ったマツ育の方法をご紹介します。

マツ育の方法にまつ毛美容液を使うメリットや効果、特徴とは?

マツ育の方法のために用いられるまつ毛美容は、まつ毛にとって必要な「潤い・栄養」などを与えるケアのためのグッズです。

マツ育の方法ためにお使いの方には?

・まつ毛のダメージを補修される方
・今よりももっと太く、濃ゆくしたい方

このような目的にの方のために、多数用いられています!

ただ、マツ育のための方法とは言っても、まつ毛美容液のことをどれだけ知っていますか?

先ずは、マツ育のために、まつ毛美容液を使うためのメリットをご紹介します!

うるおいを保って、目元周りを保湿!

まつ毛だけではありませんが、目元の周りは意外と乾燥をよくします。

肌の乾燥は、刺激を生み、まつ毛が抜けたり、シワのトラブルの原因となります。

肌が弱い目元の皮膚や、まつ毛を健やかに育むには、細胞が潤うことはとても大切なことなので、そのために直ぐに行えるケアしては?

→まつ毛美容液による、ピンポイントの潤いケアが行えます!

まつ毛美容液に、よく用いられる保湿のための成分には?

・ヒアルロン酸
・アロエベラ
・トレハロース
・コラーゲン
・アミノ酸

まつ毛も髪と同じで、乾燥のパサパサの状態は?

・痛みやすい
・抜けやすい

保湿ケアを行うことで、健康的な強いまつ毛を育てることが期待できます!

ハリ・コシをまつ毛に!

まつ毛美容液には、潤い成分外にも、マツ育に欠かせない「ハリ・コシ」が期待できる成分が配合されています。

・パンテノール
・機能性ペプチド系
・オタネニンジン根エキス
・おリチル酸シランジオール

この成分は、まつ毛の元になるための細胞と、その周りに働いて、マツ育には欠かせないよりしなやかな、まつ毛を生み出すためのサポートが期待できる成分です。

まつ毛美容液を選ぶときに、成分について、確かめてみてください!

長くて濃い、抜けにくいまつ毛を!

マツ育に期待できるまつ毛美容液は?

・目元への潤い
・ハリ、コシ

この状態へとなることで、まつ毛が抜け落ちるまでのサイクルの調整を長くする効果が期待できます。

サイクルの調整とは、まつ毛には、4つのサイクルの順番が巡ってきます!

1.成長初期
2.成長期
3.退行期
4.休止期

つまり、「4.」までの期間が長くなるほどに、それだけ、まつ毛の成長期間が長くなるわけです。

まつ毛の周期とは、個人差はありますが!

・早い人→約30日
・遅い人→約100日

長くなることで、必然的にまつげの量は増えて、長く伸ばすことも期待できることになります。

まつ毛育毛剤との違いは?

まつ毛美容液には、調べているとまつ毛育毛剤というものも見られます。

目的は近いですが、美容液と育毛剤なので全く異なることは分かると思います。

まつ毛育毛剤の場合は?

医薬品、医薬部外品に設定され、海外商品が多いです!

目的は、発毛効果についてが多いので、副作用の心配もないわけではありません。

まつ毛美容液の場合は?

あくまでも美容目的で、まつ毛を「守り・育てる」のが期待できる主な効果です。

肌荒れには、個人差がありますが、副作用の心配はかなり低いので、目元へのケアに安心して、また使いやすいと言えます。

もしも、ヒドイ脱毛や抜け毛で悩んでいる方の場合、まつ毛育毛剤をご検討ください!

マツ育の方法は先ずココから!まつ毛美容液の使い方を種類別にチェック!

マツ育の方法のために、正しいまつ毛美容液の使い方をご紹介します。

マツ育のために、正しく使う場合は?

まず、目元を清潔にする必要があります!

メイクが残っていたり、汚れた状態でまつ毛美容液を使用しても、マツ育への効果は半減します。

特に、まつ毛・目元の際には、ポイントメイクのアイメークによる汚れ、落とせなかったマスカラなど、残ることが多いです。

逆に、しっかりメイクを落とそうとすることで!

・クレンジング
・ポイントリムーバー

これらの油分が残っているケースもあるため、注意する必要があります!

スキンケアの際は、優しくもしっかりと洗顔・クレンジングをして、汚れが残っていないかを確認してください。

目元を清潔にしてから、まつ毛美容液をお使いください!

→「クレンジングジングのやり方とは?」

以下からは、まつ毛美容液の使い方になります。

ですが、まつ毛美容液を正しく使うためには、使い方を種類別にチェックする必要があります。

それぞれのタイプをしっかりチャックして、正しい方法をマスターしてください!

【チップタイプ】の正しい塗り方とは?

まつ毛美容液の中では、最もシンプルな形状がこのチップタイプです!

チップタイプとは、リップグロスのような、液をチップに染み込ませてから付けるタイプ。

塗り方の方法によって、テクニックの幅(乗せたり・広く塗ったり)が増えることで、その方法が広がることが特徴と言えます。

●チップタイプの使い方

1.チップを縦に向け、まつ毛とのすき間を塗るようにします

2.横に向けたら、目のカーブ合わせて、根元からまつ毛の全体に塗るようにしてください

3.縦向けにしてから、下まつ毛に乗せましょう

「使い方のポイントは?」

左右ジグザグにチップを揺らしながら塗ると塗りやすいです。

また、塗るときは、根元からしっかり塗るようにします!

下まつ毛の場合は?

チップによって、まつ毛を持ち上げるようにしながら塗ると、うまく塗ることができます。

【筆タイプ】の正しい塗り方とは?

まつ毛美容液でも、アイライナーの感覚で使えるのが「筆タイプ」のまつ毛美容液の最大の特徴です。

筆タイプのしなやかな弾力は、目の際もしっかりと塗ることができます!

●筆タイプの塗り方

1.塗るときは、アイライナーを引くように、目頭→目地に優しく線を引いてください

2.まつ毛同士の間を埋めるようなイメージで、気になる箇所をケアしてください

3.下まつげも同じように、アイラインのように引いてください

「使い方のポイントは?」

塗るときに、机などにヒジを立て、固定して塗ると安定感がまし、キレイな線ができます!

一気に引くことがコツなので、慣れるまでは、手が震えないように気をつけましょう。

【マスカラタイプ】の正しい塗り方とは?

普段から、使い慣れているマスカラと同じ感覚で、使用できることがマスカラタイプの最大のメリットです!

ただし、ブラシは大きいので、細かな箇所のケアはしにくいデメリットもあります。

●マスカラタイプの使い方

1.ブラシを、上まつ毛の中央の根元部分の入れて、左右に動かしながら塗ります

2.縦にブラシをして、ブラシで下から持ち上げる感じで、目頭→目尻まで全体を塗ります

3.上からも同じようにして塗ります

4.下まつ毛にも、根元からも外側に向かい塗るようにしてください

「使い方のポイントは?」

まつ毛の根元まで、きちんと塗ることが、マスカラタイプには重要になります!

マスカラと同じ要領で塗っても、根元には塗れていないこともあります。

十分に塗れていることを、確認して、成分をきちんと届けましょう!

3つの種類に対して、ご紹介しましたが、ご覧になられたように、マツ育を十分に期待するためには、塗り方が大事になります。

そのため、「塗りにくい、使い勝手が悪い」などと感じた場合は、別のまつ毛美容液に変えてみることも方法の一つです!

まつ毛美容液を塗る効果的なマツ育のためのタイミングは?

使うまつ毛美容液が決まり、その方法も分かったら、気になるのが付けるタイミングです!

まつ毛美容液を使えうための最適な、マツ育のためのタイミングはあるのでしょうか?

効果的なタイミングとしては、決まった時間に使うのがオススメです!

また、就寝前の洗顔後に、クリームなどを塗る前に、すっぴんのまま使うことも効果的なタイミングと言えます。

まつ毛を守るという方法!もう一つの【マツ育の方法】

マツ育のためには、まつ毛を守るための方法を知ることも大事です!

ここでご紹介する方法は、まつ毛美容液を使用しない方法です。

また、まつ毛を守ることは抜け毛を減らすことになります。

まつ毛美容液と併用して、行うようにすることで、マツ育により効果が期待できる方法なので、併用して行ってください!

ビューラーを控えれば、まつ毛が抜ける予防ができる!

アイメイクに必ず、ビューラーを使用するという方も多いです!

でも、使った後、ビューラーを見てください。

→ まつ毛抜けてませんか?

毎日チャックしないといけませんが、これは意外と効果的!

多いときは、3~5本は抜けてるなんてことはありませんか?

→ 実は、こういう人は多いんです!

それでも、仕方のない人もいます。

・下向きのまつ毛だから
・目の中にまつ毛が入る

このような方の場合、しょうがないかもしれませんが、それでも使う頻度は減らしたいと頃です。

できれば、マツ育中の場合は、まつ毛にテンションがかかる、お化粧などは避けたほうがよいですね!

最悪でもお湯でオフできるマスカラを!

まつ毛に直接使うマスカラも、やはり、使い方を考える必要があります!

マスカラを使う場合は、できるだけお湯でオフできるマスカラを、使うようにしてください。
特に、ウォータープルーフタイプのマスカラの場合は?

オフするときに、どしてもまつ毛をかなり触る必要があるので、マツ育中のときは使用しないほうが良いでしょう!

お湯でオフできるマスカラの場合は?

お湯でふやかしてクレンジングで、簡単にオフすることができます!

ですが、このときに使用するクレンジングも、適当なクレンジングでは意味がありません。

マスカラの落ちが悪かったりすると、結局は、それが負担となって抜け毛の要因となってしまいます。

マスカラを優しく落とすことは、勿論ですが、きちんとマスカラを選び、そしてきれいに落とすようにしてください!

→「クレンジングジングのやり方とは?」

マツ育の方法に【リップクリーム】が良いのは本当?

マツ育の方法の一つには?

リップクリームをまつ毛に塗ることで、まつ毛が伸びる!

っというような、話があるようです。

コレは、本当でしょうか?

リップクリームには、保湿の効果が期待できる!

リップクリームには、保湿の効果が期待できます。

そのため、この話は、嘘ではないと言えます。

先述のように、まつ毛も髪の毛も同じで、乾燥しすぎのと抜けやすくなります!

頭皮は、顔に比べると多くの髪の毛に守られていますが、顔の場合は?

・夏→冷房
・冬→暖房、冷たい外気

これにより、まぶたの周りの皮膚は乾燥して、まつ毛も抜けやすい状態になります!

リップクリームには、口もとの潤いのケアができ、裏技的な使い方としては、顔周りの保湿ケアとしての使い方も、SNSやネットでは見られます。

コレをまつ毛に応用すれば、まつ毛にリップを塗ることで、保湿の効果が期待でき、抜け毛も減らせる期待が持つことができます。

リップクリームをメインで使う?

理屈のうえでは、可能かもしれませんが、本来の使い方とは、かけ離れたレベルの話なので、コレをメインの方法としてマツ育を行いますか?

効果が期待できるか不明で、肌トラブルにもなるかもしれません。

やはり、マツ育には、まつ毛美容液を使いましょう!

コメントの入力は終了しました。