ファンデと下地の違いとは?ベースメイクの特徴を確認!

ベースメイクに必須なアイテムといえば、ファンデーション(以下、ファンデ)と下地です!

ですが、ベースメイクには種類も多く、ファンデには、形状が異なるものもあります。

あなたは、ファンデと下地の違い理解できていますか?

ファンデと下地の特徴や役割を知ってから選んで使えば、あなたのお肌のお化粧に対する「美しさ・持ち」などが劇的に改善されます!

ファンデと下地の違いについてご紹介します。

キレイの基本 化粧下地の塗り方|資生堂

ファンデと下地の違いとは?あなたは分かる?

ファンデと下地について、よくこのような口コミを見かけます!

ファンデ,下地,違い,アットコスメ,

ファンデと下地の違いを@cosmeで質問している画像

また、Yahoo知恵袋でも!

ファンデ,下地,違い,yahoo,

ファンデと下地の違いをYahoo知恵袋で質問している画像

多くは、お化粧の初心者の方が、質問される場合が多いですが、ベースメイクだけでも種類は増えてきています。

ベースメイクの種類は?

ベースメイクに用いられるものとしては?

・下地
・ファンデ
・BBクリーム
・CCクリーム

など、コンシーラーなども含めると、たしかに多いです!

ファンデには種類が多いけど!?

その他にも、例えば、ファンデの場合は?

・リキッドファンデ
・パウダーファンデ
・クリームファンデ

など、確かに、お下地の初心者、あまりされない方には、どれをどう使って良いのか、わからないですよね!

使い分けは大丈夫?

普段からお化粧をよくされる方もベテラン、上級者の方も、いつも通りのものだと分かるけど、新しいベースの場合は、使わないと分からないことも多いのではないでしょうか?

とても基本的なことですが、大切なベースメイクについて確認してみましょう!

今回は、最も基本的なファンデと下地の違いについてです。

分かれば、全く違うものというのがよく分かるのが、ファンデと下地!

それぞれの特徴を確認していきましょう。

化粧下地とは?下地の特徴!

下地を塗る順番としては?

・スキンケア、日焼け止めの後
・ファンデの前

このタイミングで、下地は塗ります。

下地は、メイクの仕上がりに対して、とても大切な役割を持っています!

とは言え、塗り方のポイントとしては?

塗り過ぎに注意!顔の全体に少量を薄く伸ばしてください!

では、どのような効果と役割があるのでしょうか?

ファンデとの密着

下地を塗ることで!

・肌のキメ
・毛穴の凹凸を滑らかにする

こうすることで、この後に使うファンデのノリが良くなります。

また、ファンデを密着させる効果があるので、それによって!

・メイクがヨレる
・メイクがクズれる

これらを防ぐ効果も期待できます!

肌の色を調整する

下地を使うことで肌は?

・色ムラを補正する
・明るく見せる

下地によって、肌を補正する工程を入れることで、ファンデを厚く塗る必要がなくなります!

肌の色を調整するため、ファンデの発色が良くなります。

皮脂を抑える

下地を使うことで、テカリやベタつきを抑えます!

つまり、自然なツヤ感を出すことができます。

特に、皮脂吸着成分が含まれる下地の利点としては?

効果的に皮脂の吸着ができる!

下地の方が、より化粧崩れの防止に、効果が期待できます。

この点が、ファンデと下地との明確な違いと言えます。

色素沈着の防止

もしも下地を使用せずに、ファンデを肌に直接った場合!

色素沈着など、多くの肌トラブルを引き起こす

この可能性があるのですが、その原因は、お化粧品には顔料や保存料が含まれているので!

・ファンデ
・チーク
・アイシャドウ

下地を使うことで、これらの顔料や保存料は、直接肌に触れることはありません!

そのため、下地は必ずお使いください。

刺激から保護する

下地を使うことで!

・紫外線
・ホコリ
・乾燥

これらから、下地は、肌を守ってくれる役割があります!

また、美容効果も期待できる下地もあります。

そう言った下地には?

・UV効果
・保湿液
・美容液

メイクで、肌を痛めないようにするためには、下地の使用は必須です!

メイクが楽に落とせる

下地を使うことで、ファンデは、肌に直接付くことがありません!

化粧に含まれる成分が、肌に直接こびりつかなくなるので、メイクが楽に落とすことができるようになります。

また、楽に落とすことができるため、肌への摩擦が必然的に減るため、肌への負担を減らすことが期待できます。

化粧下地の役割とは?

以上のように、下地の役割としては!

✔ ファンデとの密着
✔ 肌の色を調整する
✔ 皮脂を抑える
✔ 色素沈着の防止
✔ 刺激から保護する
✔ メイクが楽に落とせる

このような役割があります。

次に、ファンデとの役割を比較することで、よりハッキリとその違いが分かります!

ファンデの役割についても確認しましょう。

ファンデの特徴とは?

ファンデを塗るタイミングは?

下地によって、肌を整えられた後になります!

ファンデと下地の構成は同じで、3つの成分で構成されています。

・水分
・油分
・粉(顔料)

この構成は、どちらも同じですが、ファンデの方が、形状が多くあります!

・リキッド
・パウダー
・クリーム

そのため、ファンデを選ぶポイントとしては?

質感が、自分のお肌に合うものを選ぶ必要があります!

ファンデの特徴をご紹介します。

肌がキレイに見える

ファンデを使うことで、「シミ・クマ」をカバーします!

「肌色・肌質」を補正して、肌を美しく見せれます

このことが、下地との違いで、ファンデの方が下地よりも!

色やカバー力が強いです

色ムラを調整する

ファンデを使うことで、下地がカバーできない部分をカバーします!

・シミ
・そばかす
・シワ
・クマ
・くすみ*1.
・毛穴

を隠せて、肌の色を調整して、肌の色を均一に見せることができます。

使うときのポイントとしては?

自分の肌に色に合うファンデを使うこと!

ファンデと下地の違い「番外編!」フェイスパウダーとは?

ベースメイクにおいて、仕上げに使用するのがフェイスパウダーです!

実は、フェイスパウダーとは、ファンデの一種なんです。

ファンデと同じ構成で作られています!

・油分
・水分
・顔料(粉)

フェイスパウダーは、パウダーファンデよりもより多く顔料が使われており、粉の配合されている割合が、最も多いファンデとなります。

使うことで、仕上がりによる「美しさ・持ち」が大きく変わるので、是非使って頂きたいアイテムです!

使えばファンデの持ちがアップする!

リキッド、クリームファンデの難点といえば!

油分が多くて、崩れやすい

メイクの後は、キレイでも、時間の経過とともに、「皮脂・汗」が混ざって崩れやすくなります。

そこで、フェイスパウダーをメイクの仕上げに薄く塗れば!

皮脂や汗をパウダーが吸収

時間が経過していっても、メイク直後と変わらない仕上がりになります。

更に、アイシャドウやチークの発色も長持ちさせるので!

・ひたい
・ほほ
・まぶた

狭い部分にも、忘れずに塗っておいてください。

顔を立体的に!

最近は、フェイスパウダーにパールが使用されているものが多いです!

そのため、塗ることで「自然なツヤ・陰影」が作れます。

ファンデのみでは、「出すことができない自然な立体感」がプラスされます。

種類は2つ!

フェイスパウダーには、2つの形状に分かれています!

・ルースタイプ
・プレストタイプ

ルースタイプ

サラサラとした粉状。

大きなパフやブラシを使用します。

特徴としては、粉で固められていないので、テクスチャーが軽いです。

マシュマロのような肌で、ふんわりした雰囲気の肌に!

プレストタイプ

コンパクトケーズの中に、押し固められています。

テクスチャーが固形のため、カバー力が高いものが多いと言えます。

リタッチにも便利なので、外出しているときに活躍します。

パウダリーファンデと比べると、重ねても厚みが出にくいので、「くすみ*1.・疲れ」を自然に隠せます。

ファンデと下地の違い【まとめ】

ファンデと下地の違いは、確認できたでしょうか?

お化粧の基礎として欠かせない、下地。

お肌の色味を整えるファンデ。

どちらも大事ですが、何より、ご自身の肌に合わせて最適な下地、ファンデをお使いください!

くすみ*1.:乾燥による

タイトルとURLをコピーしました