シルキーカバーの口コミで噂の副作用の成分と対策!効果的な使い方!

シルキーカバーオイルブロック(以下、シルキーカバー)は、美容成分で「メイク」しながら「スキンケア」できるという化粧下地です。

シルキーカバーは、化粧下地でありながら、たっぷりの美容成分を配合しているので、「メイク+スキンケア」が可能の理想的な化粧下地です!

だから、シルキーカバーは、毛穴・シワとかくしれない肌の凹凸を滑らかにできる、実用性も兼ね備えているから、プロのメイクの現場でも使用されています。

そんな、たっぷりの美容成分配合で、「メイク+スキンケア+実用性」のシルキーカバーは、日本一売れている化粧下地!

とても、人気なのですが・・・

人気のアイテムに悪評は付き物。

実は、シルキーカバーの口コミでは、副作用の危険性を噂されているんです!

そんな、副作用の危険性が口コミで見かけると、いくら良い評判を見聞きしても、使いたくなくなりますよね?

シルキーカバーのこの副作用の口コミは本当なのか?

シルキーカバーの口コミでの副作用の原因とされる成分とその対策。
そして、効果的な使い方についてなど、シルキーカバーについてご紹介します!

シルキーカバーの効果は嘘?口コミで副作用の危険を指摘する成分とは?

シルキーカバーは、口コミで副作用の危険を、指摘されたりしているようですが、
実際にはどうなのでしょうか?

また、シルキーカバーの効果は嘘なのでしょうか?

先ずは、シルキーカバーの良くない評価の口コミについてご紹介します!

28歳:混合肌

インナードライで、毛穴開きが気になっているので、シルキーカバーを使い始めました。

塗ることで自然な感じで、肌のトーンがアップしますし、小ジワ、毛穴開きの小さなものなら、目立たなくすことはできるでしょう。

シリコンを肌にのせた感じがして、膜を貼っている感じがします。

使用後、きちんと落とさずに何度も使用することで、吹き出物ができます。

37歳:混合肌

毛穴、小ジワが隠せるとのことで、シルキーカバーを使い始めました。

私の塗り方のせいなのか、上手くは隠せませんでした。

また、多めに塗り込みましたが、結果もそんなに変わりませんでした。

ただ、つけ心地がさらさらとしていて、皮脂でベタつくことはなく、長時間さらさらでした。

27歳:敏感肌

別の化粧品でアレルギーが酷くて、お化粧を控えているので、毛穴を隠したくてシルキーカバーを使い始めました。

テカリやすい体質なので、化粧直しが何度も必要なのですが、サラサラして、テカリ防止と毛穴カバー力は良かったのですが・・・。

乾燥してしまい、忙しい時が続くとニキビが出てしまいます。

27歳:脂性肌

シルキーカバーは、あそこまでサラサラになったことがないので、気に入って使い始めました。

つけすぎるとサラサラし過ぎて、ファンデーションがのりません。

少量を薄くつけて、叩くようにしてします。

オイリー肌なので、崩れにくいかと思い、多めにつけたり、他のものと合わせて使っていますが、使い方が難しいです。

(口コミはあくまで個人の感想、効果を保証するものではありません。)

※著作権の関係上、意味内容は変えず一部表現を変えて掲載しています。

良くない口コミでの評価をまとめました

シルキーカバーは、口コミでの良い評価は嘘なのか?

また、副作用の危険は本当なのか?

シルキーカバーの良くない評価の口コミをまとめました。

・効果には個人差がある

・UVカット成分が入っていない

・多めに使うときは、クレンジングをきちんとしないとニキビができる

・シリコンを塗った感じがする

シルキーカバーの良くない評価の口コミをまとめは、以上のようになります。

効果には個人差がある

シルキーカバーに限った話ではありませんが、効果には当然、個人差があります。

年齢、肌質などでは、その効果に差が出てしまうものです。

UVカット成分が入っていない

人気の化粧下地には、一緒に日焼け止めのUV対策が、施されていることが多いです。

シルキーカバーには、UVカット成分が入っていません。

そのため、日焼け止め・UVカット成分が配合されている、ファンデーションなどを別に使用する必要があります。

たしかに少し不便ではあります。

多めに使うときは、クレンジングをきちんとしないとニキビができる

肌質によっては、多めにシルキーカバーを使用しないと、毛穴が隠れないこともアルようです。

また、脂性肌の方は、テカリがシルキーカバーを少量つけただけでは、テカってしまう方もいらっしゃいます。

そんなときは、しっかり洗い流す必要があります。

シリコンを塗った感じがする

どうやら、具体的な危険な成分とは、シリコンのことを指している方が、多かったです。

シリコン配合のものには、膜がはった独特な感じをうける方がいらっしゃいます。

肌への負担になる場合があるので、このシリコンの配合をよく思わない方が多いです。

シルキーカバーは、良い評価の口コミも多いです!

このまま、シリコンが使われているので、単純に使わないというのはもったいないという方もいらっしゃいます。

また、シルキーカバーで副作用というほど、酷い口コミに関しては見ていません。

少し、過剰ではないかとも思います。

シルキーカバーの良くない評価と危険成分と口コミで言われる「シリコン」への対策はないのでしょうか?

シルキーカバーの危険性を高めていた成分はコレ!効果的な対策とは?

シルキーカバーの良くない評価と、危険性成分と言われる「シリコン」への対策について、考えてみたいと思います!

良くない評価の対策

良くない評価の口コミである「効果には個人差がある」に関しては、同しようもないことです。

コレは、シルキーカバーに限った話ではありません。

また、「UVカット成分が入っていない」に関しても、入っていないので、別途何かで補わないといけないことに変わりはありません。

面倒ですが、別途UV対策をなさって下さい。

多めに使うときは、クレンジングをきちんとしないとニキビができる

シルキーカバーの口コミでも、ニキビが出来たという口コミを見かけました。

ただし、原因が全てシルキーカバーにあるかと言えば、それは正しくありません。

・クレーター肌

・洗いすぎ

以上の2つに関係しているからです。

クレーター肌

毛穴、またシルキーカバーの口コミでは、ほうれい線でも「隠れた!」っという口コミはありました。

ですが、クレーター肌のようなに完全に開いた状態の肌では、厳しくそこに埋めるようにシルキーカバーを使用しては、流石に「隠す効果」も、「肌への負担」も厳しいものとなってしまいます。

クレーター肌の場合、別の治療を施す必要があります。

洗いすぎ

コレは、クレーター肌にもかかりますが、洗いすぎて、肌の乾燥が激しくなることで、肌への負担は増してしまします。

この場合、シルキーカバーの使用にも原因があると言わざるを得ません。

ムリに使用をして、埋めたり過度な使い方をすると、肌へ直接負担がかかるだけでなく、その後、洗いすぎることでの「二次被害的」状況も招いてしまいます。

使い方を考えて、ムリな使い方をしないことが、洗いすぎるまた、肌への負担を減らすことだと思います。

シリコンを塗った感じがする

ジメチコン・シクロペンタシロキサン・クロスポリマー・ジメチルシリル化シリカ
アクリレーツクロスポリマー・トリチルシロキシケイ酸・イソノナン酸イソノニル

実は、これがシルキーカバーで、使用されている「シリコン」です!

シルキーカバーに限らず、どんなメイク用品でも、頻繁にシリコンは使用されています。

副作用・危険という言葉が出てくるように、シリコンはとても「悪」という印象が持たれてしまっています。

なぜでしょうか?

シャンプーが原因

・シャンプーしても油分自体は取ることができない

・パーマはかかりにくく、カラーは染まりにくい

コレは、サラサラシャンプーが流行った数10年前の話です。

この苦情は、シリコンを「経皮毒」とよんだときもありました。

ただコレは全くの関係ない話で、シリコンは油分ではないと落とすことは出来ませんが、それをシャンプーに配合したことが間違いでした。

シャンプーは、汚れは落とす行為ですあり、皮膜を作るものではありません。

毒とまで言われたのも、おかしな話で、シリコンは、分子が大きいので・・・

「皮膚からは吸収されることはない」!ということは「証明」されているんです。

また、呼び方にも少し原因があるかもしれません。

「シリコン」という呼び方は、半導体・太陽電池にしようされるもので、キッチン用品・化粧品などに使用されるものは「シリコーン」に本来は分類されています。

コレを混同している感じがあります。

全く異なるものです!

*この場では、分かりやすい一般的な総称で、便宜上統一しています。

シリコンは厚生労働省に認可されている

シリコンは、厚生労働省に認可された安全が高い成分です。

水・汗ともに強くてとても安定性があります。

・お弁当・アルミカップ・お玉やフライ返し、シリコンスチーマー(調理器具)

これらは、化粧品意外によく使用されている商品です!

口にも入る、食品・調理の補助で使用されるものばかりです。

そして、毎日使用され、お子さんも口にするものもあります!

また、胃腸の膨満感の原因の泡を消す効果があるので、胃腸薬にも少量ですが、使われています。

毒性は、ありますか?

口にできるものを体に湿布する以上に、体に負担がかかることで、お化粧をしない男性、お子さんなどにも影響する話です。

もっと影響があってもよいはずです!

ないのは、そういうことで、シリコンは毒ではないんです。

重要な対策となるのは?

シリコンが、危険でないことは分かりました!

では、具体的な対策はないのでしょうか?

最も重要なのは、「クレンジング」をきちんと行うこと、また、逆に洗いすぎないことです。

シリコンは、鉱物由来の成分で、メイク用品の多くが鉱物由来です。

シルキーカバーを湿布したら、クレンジングをきちんとすることで、油分は油分で落とすことが可能なので、クレンジングすることで除去でき、堆積などもしません。

シルキーカバーを使用したら、きちんとクレンジングを行う!

また、逆に洗い過ぎにも注意して下さい。

このように、シルキーカバーで危険・副作用などと言われたシリコンは、きちんとした対策対応できることが分かり、また、シルキーカバーの良くない口コミについても、対策がきちんとできる分かりました。

正しい対処をすれば、全く問題のないものばかりです!

もう一つの対策

シルキーカバーを使いたい!

ですが、それでも単純に肌に合わないことはあります。

それは、否定はしません。

でも試してみたい。

そんなときは、使ってみましょう!

ただし、公式サイトで!

シルキーカバーは公式サイトですと、30日間の返金保証がついています。

だから、もしものときも安心です。

*使用するときは、肌の柔らかいところで、パッチテストを必ず行ってから使用して下さい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。