サエルのホワイトニングエッセンスの口コミ!美白美容液の効果は?

サエルのホワイトニングエッセンスコンセントレート(以下ホワイトニングエッセンス)の口コミをご紹介します!

敏感肌用のブランド「ディセンシア」の中で、人気の美白*1.シリーズ「サエル」の美白*1.美容液がホワイトエッセンスです。

サエルについて詳しくは↓

敏感肌の専門ブランドポーラ・オルビスグループの「ディセンシア」。 この「ディセンシア」の中でも、人気美白*2.ケアシリーズ「サエル」が...

2018年にリニュアルされた、「サエル」の美白*1.美容液の口コミでの評価はどうなのでしょうか?

敏感肌用、美白*1.美容液としてなど、口コミでの効果が気になると思います。

サエルの美容液であるホワイトエッセンスの口コミをご覧ください!

「→ サエルの公式サイトはコチラ!

サエルのホワイトニングエッセンスの口コミでの美容液の効果は?

サエルの美白*1.美容液「ホワイトエッセンス」の口コミをご紹介します!

2018年の春に、リニューアルされたことで、注目が集まっているサエルですが、サエルは敏感肌用の化粧品として人気の高いシリーズ。

そんなサエルの美白*1.美容液である、ホワイトエッセンスの美白*1.や敏感肌へ、どのような影響のある美容液なのか?

サエルの美白*1.美容液の口コミをご覧ください!

良い評価の口コミ

40歳:普通肌


サエルのホワイトエッセンスは、伸びよく柔らかいテクスチャーです。

肌が「サラッ」としますが、ふっくらする感じのほうが強い気がします。

香りも感じないので、汗がベタつく季節も安心だと思います

50歳:敏感肌


サエルの美白*1.美容液は、嫌な刺激はなくて、吹き出物もでることなく良いと思います。

まだ、使用期間が短いので、しっかりとした効果は出ていませんが、肌への刺激がないのが良いですね。

30歳:乾燥肌


使い始めて1週間ですが、肌の状態が良くなっています。

乳液のようなテクスチャーで、伸びの良いハチミツのような感じです。

また、肌への伸びがよくて、「サラッ」と伸びます。

季節の変わり目でも、肌トラブルもなく快適です。

良くない評価の口コミ

47歳:乾燥肌

白い色の乳白色のテクスチャーは、滑らかで、肌へのなじみもよかのたのですがっが、少し肌への刺激を感じました。

23歳:混合肌

サエルをずっと使用したのですが、テクスチャーが変わりました。

以前の方が水のようにさっぱりした、使い心地が気に入っていました。

ですが、リニュアルしたために、白い乳液のようなテクスチャーに、変わってしまいました。

ずっと使っていたので、残念です。

23歳:混合肌

今のところ、肌への刺激などは10日使ってありませんでしたが、特に主だった効果が出ていない感じです。

もう少し使ってようすを見たいです。

(口コミはあくまで個人の感想、効果を保証するものではありません。)

※著作権の関係上、意味内容は変えず一部表現を変えて掲載しています。

口コミでの効果についてまとめました!

サエルの美容液「ホワイトエッセンス」の口コミでの効果をまとめました。

良い評価の口コミ 良くない評価の口コミ
・肌への伸びが良い

・サラッとして使いやすい

・重ね塗りしても重くない

・以前と仕様が変わってしまった

・効果には個人差がある

美白*1.美容液の口コミでの評価は、とても高いという印象でした。

サエルの「ホワイトエッセンス」は、使いやすく、季節を選ばず使用できるので、重宝しそうです!

また、香りらしい、香りというのもありませんでした。

香りが気になる方には、安心して使用できると思います。

良くない評価について

残念ですが、サエルの美白*1.美容液の仕様の変化が、残念という方もいっらっしゃました。

以前は、もっとさっぱり仕上げだった感じだったので、今はソコに少しうるおい感が足された感じになっているようです。

好みにより、さっぱり仕上げ、うるおいを残したい方で好みは、分かれるかもしれません!

美容液の評価とサエルを使うメリット

サエルのホワイトエッセンスは、効果に個人差があるでしょうが、敏感肌用なので、肌への刺激という点では、安心感はある美容液なのは、変わらない評価と言えます!

また、美白*1.美容液「単体」でも良いですが、口コミにもあるように、ラインで使うとより効果的で、全体の使用感がアップされます。

それが何より、ライン使いの最大のメリットです!

気になる方は、公式サイトでサエルをご確認下さい。

「→ サエルの公式サイトはコチラ!

サエルの美容液の成分とその特徴とは?

サエルの中でも、とりわけ美白*1.美容液のホワイトエッセンスは、成分が特徴的であると言えます。

サエルの美容液の成分についてご紹介します。

シモツケソウエキスで、糖化にも対応!

サエルの美容液であるホワイトエッセンスは、糖化にも対応しています。

真っ白で柔らかな、炊きたてのお米が、そのまま放置することで、固くなって、更に色も黄色になってしまうような現象を「糖化」と言います。

この糖化は、「糖 + タンパク質」の結合で、形成される糖化物質である「AGEs」を発生させる現象のことです。

真皮の働きを鈍くさせてしまうだけでなく、「AGEs」そのものが、茶褐色であるために、肌を黄ぐすみにしてしまう原因となります。

サエルでは、バラ科シモツケソウ属の多年草で、セイヨウナツユキソウの花から、抽出した成分シモツケソウエキスにより、色ムラの原因の一つである、「糖化」の黄ぐすみ*4.にも対応しています!

天然の植物乳化剤を使用した天然乳化処方

サエルは、天然の植物乳化剤を使用しています。

このことにより、「肌に優しく・馴染みが良い + なめらかな後肌」を実現しました。

天然乳化処方に関しては、商品化が難しく、高い技術が必要になります。

使い心地を徹底するために、ポーラ研究所の技術力により、サエルの美容液に採用することが可能になりました。

ソフトメルティングオイルの肌の上でとろける柔肌

サエルは、高い浸透*3.性と肌へのなじみが良い、植物由来の油剤である「ソフトメルティングオイルを採用しています。

ソフトメルティングオイルは、肌へ湿布することで、バターのようなオイルのとろけだす滑らか触感を実現して、ふっくらで柔らかな触感の後肌へと導きます。

サエルの美容液は、特徴的な成分を用いて美白*1.のために、現象や使い心地などあらゆるところに気を配り作られています!

敏感肌用の美白.美容液の使い方とは?

サエルの美容液「ホワイトエッセンス」の使い方についてご紹介します!

敏感肌の場合、化粧品の使い方でも、神経質になってしまうことが、多かったのではないでしょうか?

ホワイトエッセンスに限らず、使い方は求める効果を得るためには重要です。

ですが、ホワイトエッセンスを使用することで、その神経質な使い方がかなり軽減されるのではないかと思います。

使い方も難しくないので、サエルの美容液の使い方をご覧ください!

ホワイトエッセンスの使い方

1.美容液1プッシュ分を手に取り出して、手のひら全体で温めます

2.1.を内側→外側に向かい、顔の全体に優しくなじませます

3.更に2.までと同量の美容液を手に取り出し、顔の全体になじませます

4.3.の後に、シミ*2.の出やすい頬の高い部分を中心にして、軽くおさえて、なじませます

5.手のひらの全体を使い、頬を引き上げるような感じで、ハンドブレスし浸透*3.させます

使用量は、2~3プッシュが目安となります。

また、首元に対してケアを行う場合は?

1プッシュ→フェイスライン→耳の下→鎖骨

まで、しっかり伸ばすようにします。

ホワイトエッセンスで、納得のケアを行ってください!

サエルの美容液だけでも良いけど、お得なのはトライアルセット!

リニュアルされた、サエルシリーズですが、サエルの美容液は、「美容液だけ」で使用される方も結構多いようです。

何度か、サエルの美容液を使用された方などは、美容液だけでの使用も良いかもしれません。

ディセンシアのブランドやサエルのシリーズなどは、同じ敏感肌用で統一した、ライン使いのほうが効果的です!

ただ、最初に使用する場合は、ライン使いもできる、トライアルセットのほうが、「美容液だけ」を使用するよりとてもお得だと言えます。

それが、サエルの10日間のトライアルセットです!

サエルのトライアルセットの内容は?

サエルのトライアルセットの内容は、以下のとおりです。

・薬用美白化粧水 (20ml)

・薬用美白美容液 (10ml)

・薬用美白クリーム (9g)

これら、3本に加えてあとプレゼントして、

・CCクリーム

が、1回分付いています!

この内容で、サエラの10日間分のトライアルセットが、初回のみの限定価格「1,480円」で、お試しできます!

そして、特典として、「送料無料 + 手数料無料」

更に、敏感肌ブランドらしく、「10日間の返金保証」がついてきます。

ライン使いで、たっぷり試せるのでとてもお得です!

サエルの美容液を含む、このお得なトライアルセットを、先ずはご利用ください。

なお詳しい、購入については、公式サイトをご覧のうえご利用下さい。

「→ サエルの公式サイトはコチラ!

美白*1.:日焼けによるシミ*2.やくすみ*4.を予防すること

シミ*2.:日焼けによる

浸透*3.:角質層の奥まで浸透*3.

くすみ*4.:乾燥による

透明感*5.:潤いにより、キメが整った状態

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする